こんなことで困っていませんか?


・計画をたてていたはずなのに、計画通りに進まず、三日坊主で終わってしまう。

・毎回待ち合わせ時間に遅れて相手に迷惑をかけてしまう。

・〆切までに仕上げなければいけない仕事ができず、〆切に遅れてしまう。

・確定申告、年末調整など、出しておかなければならない書類を忘れてしまう。

・仕事や勉強をしようと思ってもとりかかれず、やり始めても、集中力がなくて続かない。

・なんだかそわそわしてしまって、落ち着かず、じっと座っていたりするのが苦手

・思わずしゃべってしまって周りの人から白い目で見られる。


そんな自分に罪悪感を感じてしまうことはありませんか?

自分がやりたいと思ったことを、思った通りにやれたらもっと充実した素晴らしい人生が

送れるのに、と思ったことはありませんか?

 

このようなタスク管理や、スケジュール管理に不安を抱える方々へ、

毎日を思い通りに過ごせる技術を提供するために

私たちはワークショップを開設することにしました。

 

やってやろう、何が何でもやるんだという意志の力は

このワークショップでは使いません。

どんな人でもタスク管理やスケジュール管理が上手くいくような、

システムの力をつかいます。

 

これまで、あなたができなかったのは、あなたがダメだからではありません。

やりかたが悪かっただけなんです。

私たちは適切でもっと楽なやり方を皆様に提供します。

今すぐやる会とは?

  • 努力ができない
  • やりたいことをやれない
  • 目標が達成できない

そんな方へ送る、意志の力を使わなくても、
やりたいことがやれるようになるワークショップです。

始まりは2014年めんたねというカウンセリング・心理学のサークルメンバーたちが

「俺たちやりたいことが出来ない!このままではまずい!こんなので人生終わりたくない!」

という想いで互助会的に始めた集まりでした。

ADHDの治療プログラムのテキストを1年ほど輪読しながら取り組んだところ

遅刻はしなくなり、仕事ははかどるようになり、時間の管理に余裕もでき

プライベートも充実するようになりました。

そんな成果をTwitterやFacebookなどSNS上で書いたところ
「参加できるんですか?」「興味があります」という問い合わせが来るようになり

広く同じ悩みで困っている人たちにワークショップを作ることになりました。

現在では月1回の入門ワークショップであるやるCafeや毎週開催のすぐやるサポート会中心に開催しています。

ミッション  (今すぐやる会の基本理念)

■楽々主義:みんなの生活を「楽に」「楽しく」する。

■個人主義:人それぞれの個性を尊重する。

■ユーティライズ:既にあるものを工夫して生かし、新たな望ましい結果を創り出す。

■試行錯誤:失敗は成功への投資と考え、物事がうまくいくための実験を行い続ける。

■罪を憎んで人を憎まず:不適切な行動を適切な行動へと改善することを目指し、不適切な行動の責任を個人の人格に求めない。

ビジョン(今すぐやる会の理想像)

■今すぐやる会に関わる人がみんな楽に楽しく生活している。

■今すぐやる会のコンセプトが世界中で一般常識となっている。

■世界が楽観的で解決主義的な人間で溢れるようになる。

■世界が楽々主義の伝道者で溢れるようになる。

■今すぐやる会に関わる人がみんな「どうやったらうまくいくか?」をまずは考えるように努力している。

■今すぐやる会に関わる人がみんな自分も他人も責めないように努力している。

■今すぐやる会に関わる人はみんな気軽に他人と助け合う。

■今すぐやる会に関わる人はみんな意識と無意識の間の風通しがよい。

バリュー(今すぐやる会が提供する価値)

■望みを実現するためのシステム提供

■「意志の力に頼らないシステム構築」の重要性理解、活用法

■自分の望みを明確に自覚する方法、考え方

■望みを楽に楽しく実現する方法、考え方

■先延ばし癖を克服し、やりたいことを今すぐやる方法、考え方

■責任追及よりも、解決努力と工夫

■自分も他人も責めない

■「どうやったらうまくいくか?」に着目した具体的方法の提示

■自己嫌悪、恐怖、不安、イライラを減らす

■物事を楽しくやること方法、考え方

■なるべく工夫して物事を楽にやり遂げる方法、考え方

■意識と無意識の構造、活用法

■自分も他人も楽しく楽にする技術

■他人の力の借り方、他人への援助の仕方