このページでは参加者の声を紹介しています。

(試験的に実施した1年間のプレ会に参加された方の感想となっています。)

 

 


 

増川武志さん

今すぐやる会に参加する前は、タスクになかなか手が付けられず、

期限ぎりぎりまで先送りにしてしまったり、夜更かしする癖があり、

日中を寝不足で過ごすことが多かったことで困っていました。

 

会に参加するようになってから、発生したタスクを

すぐにメモに残す癖をつけるようにしたことで、

タスクを忘れることが少なくなりました。

 

タスクを重く考えすぎないようにして、

「少しでいいから、とりあえず手を付けてみる」という考え方をすることで、

タスクを早いうちから始められるようになりました。

 

睡眠時間の確保については

非常に優先度が高いことを自分に納得させることで、

夜更かしして寝不足で日中を過ごすことが少なくなりました。

 

会のワークでは認知行動療法が、とても効果的でした。

特に自分は「完璧にやらなければ、やっても意味がない」という

思考に囚われて仕事に取りかかれなかったり、

「これをやるまでは寝てはいけない」という思考に囚われて

無駄な夜更かしをしてしまうことが多かったことに気づけたのは大きな収穫でした。

 


 

Sさん

予定や約束をよく忘れてしまったり、

仕事をしているときに、何から手を付けて良いか解らなくなって、

固まったまま動けなくなる、ということがよくあって困っていました。

 

今すぐやる会に参加してから

ノートとカレンダーを使う習慣がついて

予定や約束を忘れることが大分減りました。

特に仕事では予定を忘れずに書いていたことで、

助かることが何度もありました。

 

仕事で何から手を付けて良いか解らなくなることも

タスク分割の練習をしてから改善されたと思います。

 

何から手を付けて良いか解らない状態が

とても簡単な小さい動作のレベルまでタスクを細分化すると

仕事に手を付けるハードルがぐっと下がるのが実感できました。

 

また、私は集中力続かずに、作業が中断することも多かったのですが

ポモドーロテクニックを使って、時間を区切って作業をすることで

自分でも驚くほどに集中できる時間を作れたのが良かったと思います。

 

1年を通して参加することで仕事もプライベートも生活の質が

ぐっと上がった実感があります。自分でもやれるんだという自信を付けることが出来ました。

 


 

荒井さん

最初はワークを実際に実施するのが面倒だったり、

うまくいかなかったりして意味の無いように思う事もありました。

 

しかし、大杉さんやファシリテーターの方々、

参加者の方々の話を聞いたり、自分の話を聞いてもらったりするうちに、

少しずつ前向きになり、少しずつアレンジしてみようという気になってきて、

自分の特性にあったやり方を見つけられるようになりました。

今では自分の特性に合った自己管理方法を自分で模索し実行することができています。

 

認知行動療法を使った自己観察の方法で、

感情と事実を分けて現状を眺め、適切な思考に変えていく訓練をする事で、

より客観的に自分の言動を見ることができたり、

反射的な行動を抑制できるようになってきました。

 

ADHDの症状に困ってる人用のテキストですが、

ここに書かれているワークをやりながら内省し、

定期的にほかの人と対話する中で、より広い視野でものごとを見ることができたり、

自分の感情や思考、行動の整理や物事の整理がつきやすくなっていくのではないかと思います。

ADHD傾向がない人でも気軽に参加してみることをおすすめします。

 

自分を持て余していて、実は色々セミナーやカウンセリングに行って

どうにかしようと頑張っていましたが、「いますぐやる会」が一番効果的だったと思います。

みんなで各々の自分のダメさ加減を出しまくった(?)からでしょうか(笑)

「いますぐやる会」のような雰囲気のセミナー、

そのような雰囲気のカウンセリングは他にないのではないでしょうか。

 

以上です。

一年間ありがとうございました。

 


 

若原さやこさん

・行動改善の連続なので「1年間継続」で取り組み続けることがよかった。

 

・うまくいかないときに現実的にどう対応するか、いくつもツールが手に入った。

習慣化するのは根気がいるし最初はうまくいかないので

そんなときに気持ちの切り替えがいるが、時間がたてば、困っているときに

「ああ、あのツールを使って取り組んでみよう」

と自然と浮かぶようになったし、確実に解決に近づくのがよい。

 

・それでも困ったときはMLやスカイプで聴ける。

自学だと困ったらそこでストップしてしまうので、会があってよかった。

 

・先達がいるので的確なサポートをもらえる。

 

・とるべき行動が精神論じゃない(行動が難しそうに思えても、

現実的な着手までのステップが必ず見つかる)ので、行動できない自分を責める必要もなくなった。